本文へ

地理院ホーム  > 公共測量  > 作業規程の準則

作業規程の準則

令和2年6月22日 更新

測量法第34条で定める作業規程の準則


正誤表


新旧対照表


平成20年以降の一部改正の主な改正点


年月日   改正内容
H20(2008). 3.31 作業規程の準則 (準則の全部改正)
H23(2011). 3.31 (一部改正) ・GLONASS衛星への対応
・キネマティック法の利用拡大
・セミ・ダイナミック補正導入
 など
H25(2013). 3.29 (一部改正) ・準天頂衛星システムへの対応
・GNSS/IMUを用いた空中写真撮影の標準手法化
・デジタルステレオ図化機に一本化
・航空レーザ測量の適用拡大
 など
H28(2016). 3.31 (一部改正) ・SSP(スマート・サーベイ・プロジェクト)の反映
・車載写真レーザ測量の導入
・多言語表記に関する図式を規定
 など
R2(2020). 3.31 (一部改正) ・三次元点群測量の編を新設
(UAV点群測量及び地上レーザ点群測量の新規追加)
・数値地形図作成に地上レーザ測量及びUAV写真測量の新規追加
・GNSS測量機を用いた3級水準測量を新規追加
 など


お問い合わせ

「作業規程の準則」に関する質問等は、以下のお問い合せフォームで受け付けています。
お問い合せフォーム(新規ウインドウ表示)

ページトップへ


公共測量トップ地理院ホームへ


get Adobe Reader
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、以下のページからダウンロードしてください。
Adobe Reader ダウンロードページ(新規ウィンドウ表示)

Copyright. Geospatial Information Authority of Japan. ALL RIGHTS RESERVED.